オンラインカジノでお金を賭けても大丈夫か

ブロードバンド環境の普及もあって最近ではオンラインカジノの人気が日本でも高まってきました。
オンラインカジノは何と言っても自宅に居ながらお金を賭けてプレーできるのが最大のメリットです。
パチンコ店や競馬場、場外馬券売り場に出かけることも無いですし、ラスベガスなどのカジノ合法国まで海外旅行に行くことも無いです。
ですが日本人プレイヤーが日本に居ながらオンラインカジノでお金を賭けると違法なのではないかと疑問を持たれる方が多いです。
カジノ法案が国会を通過していない日本では現在のところ、地上型のカジノでお金を賭けることは違法です。
警察の取り締まりを受けると賭博罪で捕まってしまいます。

しかしオンラインカジノはカジノ合法国が
発行したライセンスを取得した会社が運営しています。
サーバーもカジノ合法国にあり、日本に居る日本人プレイヤーは
オンラインでそのサーバーを介してお金を賭ける形になっています。
日本の法律もオンラインカジノについてまだ整っておらず、現在ではグレーゾーンである状態です。

ですが日本の賭博罪が適用されて捕まったと言う人は居ないと言われており、
将来日本の法律が変わらない限り特にオンラインカジノでお金を賭けても大丈夫です。
ライセンスも取得しておらず日本にあるサーバーを介してお金を賭けてプレーすると違法になってしまいますので、
どこの国のライセンスを取得しているか、サーバーはどこの国にあるかきちんと確認してからお金を賭けたほうが良いです。

お試しプレイも充実しているオンラインカジノ

オンラインカジノはカジノと言う名前だけあって、
正式な登録をしてチップを用意しなければ出来ないと言った、
少し敷居の高いイメージもあります。

しかし、オンラインではそのような事はなく、誰でも気軽に遊べるのが特徴的です。
有料会員となって支払いを済ませてからプレイするのが普通だと捉えられがちですが、
実は誰でもお試しプレイが可能なサイトは多くあります。必要なのはフラッシュが動作する環境くらいで、
特別なものはほとんど必要ありません。

会員登録しなければプレイ出来ない場合もあれば、
会員登録なしでも気軽にその場でプレイが可能な所もあります。
まずは基本的なカジノの魅力だけでも知りたいと言う場合には、
会員登録をしなくてもプレイ出来るサイトを先にあたって見るのが良いでしょう。
そこから基本的な楽しみを味わった上で、どの会社にするか決定するのがベストです。

ただ、会員登録さえすれば大体どのサイトでもお試しプレイは可能ですから、
登録作業が障壁に感じないのであれば積極的に利用してみて下さい。

ただ、これらのフリープレイの状態ではもちろんの事ながら制限がいくつかされています。
持ち金もそうですが、例えばダブルアップの回数に制限が含まれる等、おいしい部分はお預けと言った形になっています。
ですから、プレイしていて報酬に物足りなさを感じるようになって、莫大な報酬を得る快感を味わいたいと感じたのであれば
有料会員になってみましょう。

また、有料会員のみしかプレイ出来ないゲームも多くあるのでそちらも考慮してフリープレイを行いましょう。

日本のスロットとオンラインカジノのスロットにおける違いと楽しみ方

オンラインカジノでは日本でもお馴染みのギャンブルである、スロットも楽しむ事が出来ます。
ところが、このスロットは日本のものとは大きく作りが異なります。

だからこそ違った遊び方が出来るため、初めての方にとってはかなり新鮮で楽しめる内容となっています。
今までカジノのスロットをプレイするきっかけがなかった方は、是非このオンラインカジノで試してみて下さい。
オンラインカジノにおけるスロットの特徴は、なんと言ってもそのライン数にあります。

日本のスロットは5ラインが基本です。表示される役の絵も9つ分となっていますが、オ
ンラインカジノではそれを遥かに凌ぐ量を見せてくれます。

オンラインカジノのライン数は50ライン100ラインは当たり前で、
最大では1,000ラインにもなる程、役が充実しています。

ラインが増えると言う事は、それだけ表示される役も多く、
当選のバリエーションも多いと言う事になります。

最近のパチスロの5号機では、
チェリーでも3連チェリーだったりチャンス目の種類が増えたりする傾向がありますが、
オンラインカジノであればこうした役が何種類も楽しめるのです。

当たろうが当たるまいが見ているだけでそうした要素が楽しめると言うのが魅力です。
そしてなんと言っても、同じ役が一斉に揃った時の爽快感は他に変えられません。

パチスロの3連7等の比ではない程の快感が得られるのです。
デメリットがあるとすれば、ゾロゾロと役が降りて来るので初心者にはどれが当たりかはずれなのか分かりづらい部分にあります。
しかし、これは経験と慣れによってすぐに解消出来ますので、まずは一度挑戦してみて下さい。